多重債務者の方を救済してくれる債務整理とは

債務整理を弁護しに依頼することで費用はかかりますが借金を減額、完済する事ができることを間は得れば安いと思います


借金の返済に追われている人は多いと言われている現代。任意整理を行う事によって借金を減額する事が可能です。

■債務整理で謝金を減額しよう

様々な解決方法がある

複数の金融機関からお金を借りていると利子だけでもかなりな金額になり、毎月の給料のかなりな部分を返済にあてなければならなくなることがあります。また利子を支払うのが精一杯で、借金が一向に減らないといった現象がおこります。

また返済できず家や勤務先に取り立ての電話がきて、精神的に大きなダメージを受けたり、周囲に迷惑をかけることもあります。借金が返せる見込みがなかったり、取立てに苦しんでいる時、債務整理を行なうことで返済するお金を減らすことができるようになります。

債務整理には任意整理、個人再生、破産があります。任意整理は借金を分割で返済する方法です。金融会社に毎月の返済額や利息などを減らしてもらえるように交渉して、無理のない支払方法を選ぶことができます。任意整理の交渉をすると、多くの金融会社がそれから先の利息を請求しないことに合意するので将来的にも支払額を減らせるというメリットがあります。

また法律ではお金を貸すときに利率の上限を決める利息制限法というものがあります。借りるお金が10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上なら15%です。これを上回る利息がついていた場合には、今まで余分に支払いすぎていた利息を取り戻せることもあります。

個人再生は今までの借金を3年から5年で返せるような額に設定して、返済をする方法です。借金の金額が個人再生前の5分の1程度にすることができます。住宅ローンが残っている家を手元に残しておくことも出来ます。借金を圧縮しても返済することが出来ない場合には自己破産を選びます。所有している財産を処分し金融会社に一律にお金を返済したあとは、返済義務がなくなります。

全ての財産を処分しなければならないわけではなくある程度の預金や自動車、保険商品などは手元に残すことができます。また自己破産した後に築いた財産などは自分が所有することが認められています。これらの債務整理は弁護士に相談すると金融機関への交渉などをしてもらうことができます。また弁護士に相談した時点で、取立てをやめてもらうことができるので精神的にも余裕を取り戻すことができます。債務問題は1人で悩むより専門家に依頼したほうが早く解決できます。